渡辺大 埼玉県議会議員

パワー最大 ふじみ野・三芳から

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナとする)患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年4月20日暫定版)が公表されました。

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナとする)患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年4月20日暫定版)が公表されました。
 
個人的にポイントと感じたのは、
①「患者の感染可能期間」の定義が変更された。
(新型コロナを疑う症状*を呈した2日前から隔離開始までの間に。)
*発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など
 
→★濃厚接触者であっても疑い症状発症2日より前は、感染可能でないということ。
 
②「濃厚接触者」、いわゆる一般的な濃厚接触のイメージに加え、「その他」として、
「目安として1メートル」で必要な感染予防策なしで患者と
「15分以上の接触」があった者(総合判断によるが)
 
③2次感染者の発生について、
これまでも言われていることだが、再確認。
すべての感染者が2次感染者を生み出しているわけではなく、
「全患者の約10〜20%が2次感染者の発生に寄与している」。
 
④「濃厚接触者」については、患者の感染可能期間の最終曝露日から14日間は、健康観察期間とするが、無症状の場合、新型コロナウィルスの検査対象とはならない(例外あり)。
 
⑤原則として、健康観察期間中だる無症状の濃厚接触者は、新型コロナウィルスの検査対象とならない。
 
⑥無症状者を対象に検査を行う場合、ウイルスが存在してもどのタイミングで検出出来るかは不明であり、
検査陰性が感染を否定することにはならず、引き続きの健康観察や自宅待機などの感染伝播のリスクを低減させる対策の継続が必須であることから、対策に直結しないことを十分に対象者に説明をし、検査を実施しない場合の意図について、理解を求めることが重要である。なお、「濃厚接触者」において、重症化リスクが高いと想定される者の体調の変化には十分注意を払う。
 
→★無症状者は、その時点での検査で陰性と出てもその後の感染が判明する可能性があるし、取るべき対策には、健康観察、自宅待機などと変わりがないため、{検査機関等の負担を考慮して検査を実施しないことがある、ということ。}※{ }内は、渡辺の解釈によるものなので、注意。
 
詳細は、以下をご参照下さい。
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/corona/2019nCoV-02-200420.pdf
 
引き続き、信頼できる情報源による正確な情報に基づく適切な行動を心がけて行きましょう。

watanabe dai • 2020-04-21


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。