渡辺大 埼玉県議会議員

パワー最大 ふじみ野・三芳から

決算特別委員会

今日は、決算特別委員会でした。
議論は、多岐に渡りますがまず2つだけ。
 
昨年度、地方消費税の精算基準が見直されたことで、埼玉県の税収は、約270億円増加しました。
他方、東京は約1000億円の減収です。
今回の精算基準の見直しがそもそも東京への一極集中を是正しようというものなので、このような効果になっています。

スマート県庁という取り組みも進めている。
RPA、ヘルプデスクAIやオープンデータの取り組みを進めており、テレワークも進めている、とのことでした。

RPAの導入により年間2257時間を削減できたとのことです。

引き続き、決算特別委員会で事業、施策の効果検証を進めて行きます。

 
 

watanabe dai • 2019-10-28


Previous Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。