狭山市議会視察!

本日は、午前中に勉強会を行い、午後は、狭山市議会に視察にお伺いしました。
議会の災害対応指針について研究しており、そのための視察です。

現状では、災害時の議会の役割、対応が明確化されていないため、その点を整理する必要があるとの問題意識があります。
より具体的には、災害が発生した場合に個別の議員が「こっちに土嚢を保って来い!」「災害の状況はどうなってます?」「うちの地域を優先的に対応して!」等の要望、要請を行うことで、本来取るべき優先順位が捻じ曲げられたり、市の職員の業務の遂行の妨げになるなどの事態が生じがちであることから、こうした議員に対する個別対応を防ごうという意図です。
議会内に災害対策会議的なものを設置し、情報はそこへ集約し、要請などもその会議を通じて一元的に対応しようというものです。

狭山市議会さんは、災害対応指針について先進市ですので、今回勉強させて頂きました。
狭山市の皆さん、時間を割いて頂きありがとうございました。

災害対応指針狭山市議会

watanabe dai • 2017-08-17


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。