良質な情報との出会いは、人生を変えることがある。

今朝は、ふじみ野駅西口で渡辺大新聞vol.32を配布しました。
6月議会で提案した母子家庭の貧困問題対策について書きました。

記事は、後ほどアップしますが、要するに、離婚時に養育費を定めないために、
母子家庭の貧困率は、50.8%にも上っている。
市役所窓口で積極的な情報提供を行い、貧困の防波堤としての機能を発揮しましょう。
というものです。

もし離婚を検討されている方がいたら、養育費、婚姻費用、慰謝料等の費用についての
定めは書面で作って下さい。
不明な点があれば相談にも乗りますので、お気軽にご連絡下さい。

仮に、離婚したとしても自立して生きていける人生設計を考えるという点で、
是非、高校生に現状を知ってもらいたいと思って、積極的に高校生(特に女子高生)に
配ろうとしたのですが、5人位にしかもらってもらえませんでしたね。
もらってくれた子たちの人生が少しでも良い方向に進むきっかけになるような情報を提供できていれば
良いな、と思います。

良質な情報との出会いは、人生を変えることがある。
そういう思いで、今日は配りました。

ちなみに、vol.31を配ってないのに、vol.32を配ってしまいました。
また改めてvol.31を配ります。

渡辺大新聞vol.32

watanabe dai • 2017-06-20


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。